名古屋の遺言作成は女性行政書士の浅井博子が担当。もめない円満相続のための相談はシャローム行政書士事務所へ。
2016-07-24

相続人の配偶者が曲者?!

このブログは記事を公募して投稿頂いた体験談です。当事務所に依頼があったお客様の声ではありません。

裁判所

私には弟と妹がおり、3人兄弟です。父は早くに亡くなったため、その遺産はすべて母が相続していました。

その母が亡くなったときのことです。私は結婚当初から30年以上、母と同居しており、すべての生活費や家の固定資産税などすべての費用を私たち夫婦の家計から支払っており、母は一銭も支払っておりません。

母の介護も私たちはしていました。そんな状況であったため、母が亡くなったときはすべて私たちが相続するものと思っておりました。しかし、母は遺言状を残しておりませんでした。これが大きな過ちでした。

弟と妹は私たち夫婦がすべての費用を支払っているのを知っていましたので、私がすべて相続することで納得していたのですが、それぞれの妻と夫が口を出してきました。

「遺言状がないのであれば、法定相続分は相続する権利がある」と主張してきました。

当然法定相続があることが知っていましたが、まさか血のつながりのない他人が相続に口を出してくるとは思っていませんでしたので、非常に驚きました。

私がこれまでの事情を説明しましたが、「遺言状がないのであれば、法定相続分は相続する権利がある。裁判所に訴えても良い」と言ってきました。

裁判をしても負けることは目に見えていますので、土地を売却して法定相続分を渡しました。それ以降、この兄弟との連絡はほぼありません。

これから相続が発生するかもしれない方は、遺言状の作成を進めるか、生前にしっかりと協議をして、明確にしておくことをおすすめします。

相続の悩みを相談したいなら今すぐお電話を"
関連記事
遺言の悩みは今すぐお電話を!